築30年の家の価値とは?売れやすい条件と売却方法も解説!

2023-12-05

売却

築30年の家の価値とは?売れやすい条件と売却方法も解説!

不動産の売買において、家の築年数は重視されるポイントのひとつです。
「築年数が経過している場合には売却が難しいのでは?」と不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。
今回は、築30年の家の価値に焦点を当てて、売れやすい条件や売却方法も含み解説します。
築30年以上の家の売却を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

売却前に知っておきたい!築30年の家の価値

一般的に、建物の価値は築年数が経過するにつれて減少していき、築25年を超えている建物については、多くの場合で価値がゼロとみなされます。
これは、耐用年数が木造の一戸建ての耐用年数が22年とされているためです。
加えて、現行の耐震基準を満たしていなかったり、境界が確定していなかったりするケースも多いため、資産価値がほとんどなくなります。
つまり、築30年の家を売る場合にも、建物の価値はゼロと査定される可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

売却しやすい築30年の家の条件とは

築30年の家でも、土地そのものに魅力があれば買主を見つけやすいです。
なかでも一戸建てはリノベーションやDIYで手を加えやすいので、立地が良ければ高い需要が見込めます。
また、土地の形状がシンプルな四角形であるのも、売れやすい条件のひとつです。
一方で、築30年のマンションに関しても、都市部で人気のエリアだと売却しやすい傾向にあります。
築30年を超えるとマンションは大規模修繕が必要になり、修繕工事直後は資産価値が上がりやすいです。
ほかには、定期的なリフォームとメンテナンスを実施している物件も売却しやすいと言えます。

▼この記事も読まれています
固定資産税滞納はまずい?滞納してても売却できる条件や方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

築30年の家の売却方法とは

築30年の家を売却する方法としては、古家付き土地として売り出す方法が挙げられます。
リノベーション目的で安い物件を探している方に対してうまくアプローチできれば、早期売却が期待できます。
また、ホームインスペクションを実施してから売るのもひとつの方法です。
ホームインスペクションはプロによる住宅診断なので、購入希望者に安心を与えられます。
そして、リフォームはせずに修繕のみおこなって売却するのもおすすめです。
築年数が経過した家を購入する方の多くはリフォームを前提に住まい探しをしているので、売主がリフォームをしてから売る必要はありません。
ただ、水漏れなど設備に不具合が生じていて、使用するのに不都合な部分があるのであれば、修繕をおこなうのが望ましいです。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

建物の価値は築年数とともに減少していくので、築30年の一戸建てだと建物の価値はほとんどなくなります。
ただ、立地条件が良好であるなどのメリットがあれば、売却しやすいです。
売却方法としては、そのまま古家付き土地として売る方法や、インスペクションを実施して売る方法などがあります。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。



川越の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ