不動産の売却前にリフォームは必要なし!もしおこなう場合の費用の目安は?

2022-05-24

売却

不動産の売却前にリフォームは必要なし!もしおこなう場合の費用の目安は?

不動産をリフォームしてから売却するべきか悩まれている方も多いと思います。
室内がきれいになると印象は良くなりますが、なかなか売れなくなる可能性もあるので注意しましょう。
そこで埼玉県川越市周辺にある不動産の売却をご検討中の方に向けて、リフォームの必要性についてご説明いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却する前にリフォームは必要?

基本的に不動産を売却する前に、リフォームをおこなう必要はありません。
その理由は、以下のように2つ挙げられます。

費用を回収できない

中古物件の購入希望者は、主に築年数を気にしています。
内装をきれいにしても、価格が近隣の競合物件よりも高ければ、売れにくくなってしまうのです。
売却するために販売価格を下げると、改装費を回収できない可能性が高くなるので注意しましょう。

購入希望者の多くは自分でリフォームすることを前提としている

中古物件にきれいな内装を求めている購入希望者は少なく、価格のほうが重視されます。
また購入後に自分好みに部屋を改装したいと考えている方も多くいらっしゃいます。
リフォームが購入希望者の好みに合わなければ、売却額の増加も見込めないので注意しましょう。

リフォームが必要なケースとは?

以下のようなケースに該当する場合は、リフォームを検討するのも良いでしょう。

  • 売却価格が1,000万円以下
  • 少額で改善できる

部屋の劣化が激しいと売却価格が下がるので、リフォームによって大幅に価格を上げられるでしょう。
またペットが傷つけてしまった壁紙を交換するなど、10万円程度でできる改装であれば、費用を回収できる可能性が高くなります。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却前にリフォームする場合の費用の目安は?

リフォームをおこなうと、購入希望者に好印象を与えられる点がメリットです。
また値引き交渉を最小限に抑えられ、引き渡し後に設備の不具合などが発覚する可能性も低くなります。
しかし改装費を回収できる保証はなく、販売価格が高いと売却のチャンスを逃す可能性がある点に注意が必要です。
上記のメリットやデメリットを考慮すると、少額で印象を上げられる場所があれば、リフォームを検討しても良いといえますね。

不動産をリフォームする場合にかかる費用は?

リフォームをおこなう場合の費用の目安は以下のとおりです。

  • 壁紙の貼り替え: 800~1,500円(1平米あたり)
  • 床の張り替え:5万~20万円(6畳の場合)
  • トイレの交換:10万~33万円
  • キッチンの改装:50万~150万円

改装費は設備などの不具合がなければ、30万~50万円程度に抑えるのがおすすめです。
素材によっても金額が異なるので、不動産会社と相談しながら検討しましょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

売却価格が低い不動産は、少額の投資で価格が上がる可能性があります。
しかし費用の回収などを考慮すると、そのまま販売するほうがスムーズに売却できるでしょう。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ