不動産売却における担当者の選び方は?見極めるポイントを解説!

不動産売却における担当者の選び方は?見極めるポイントを解説!

不動産売却の成否を握るのは、不動産会社の担当者の力量にかかっているといっても過言ではありません。
しかし、そもそも不動産会社の担当者とはどのような存在なのか、どのように見極めれば良いのか、選び方が分からない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、不動産会社の担当者を見極めるポイントや選び方について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における不動産会社の担当者とはどのような存在?

不動産会社の担当者とは、売主と買主を結び付ける取引の窓口としての役割を担います。
不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼して買主を探してもらう形が一般的です。
その際、不動産会社の担当者は売主に代わって不動産の売却に関わる営業活動をおこないます。
買主を見つけられるかどうかは不動産会社の担当者の営業活動にかかっているため、不動産売却を成功させたいのであれば担当者の選び方も押さえておく必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における担当者の選び方のポイント

担当者の選び方のポイントとして、根拠のある査定額を提示してくれるかどうかが挙げられます。
不動産を売却する際は査定額をもとに売り出し価格を設定しますが、相場よりも高い値付けをすると売れ残ってしまいかねません。
そのため査定額を提示された際には、しっかりと根拠を確認しましょう。
なぜその査定額を算出するにいたったのかを丁寧に説明してくれる担当者であれば、信頼できるといえます。
また、売却を希望する不動産のメリットだけでなくデメリットも把握してくれているかも確認しておきましょう。
買主に対してメリットとデメリットの両方を的確に説明できる担当者であれば、買主からの信頼も得られて早期売却に結び付けられます。
そのほか、売却する不動産の周辺環境や地域の情報に詳しいかどうかも確認しておきたいポイントのひとつです。

▼この記事も読まれています
固定資産税滞納はまずい?滞納してても売却できる条件や方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における担当者の選び方は相性も大切

不動産会社の担当者を選ぶ際には、売主との相性も大切です。
不動産は短期間で売れるとは限らず、数か月にのぼるケースも珍しくありません。
人柄が良い、気兼ねなくコミュニケーションを取れる担当者であれば、打ち合わせも楽しく進められます。
不動産の売却を成功させるためにも、信頼の置ける担当者を選びましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

不動産取引の窓口の役割を担う不動産会社の担当者は、不動産売却の成否を握る重要な存在です。
自分との相性は良いか、査定額の根拠をしっかりと説明してくれるかなどのポイントを確認し、売却を依頼する担当者を選びましょう。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ