鶴ヶ島市の不動産売却、プロの手でスムーズに進めよう!








鶴ヶ島市の魅力と特性:知っておきたいポイント


鶴ヶ島市には東武東上線と東武越生線があり、周辺の主な駅には、鶴ヶ島駅・坂戸駅・若葉駅・一本松駅があります。
川越駅まで約10分、池袋駅まで約40分、渋谷駅まで約1時間で行くことができます。

また鶴ヶ島市内には関越自動車道の「鶴ヶ島インター」と圏央道「圏央鶴ヶ島インター」があり、新潟方面・神奈川や静岡方面や茨城や千葉方面へアクセス良好なので、お出かけの際にとても便利となっております。

若葉駅徒歩1分には『ワカバウォーク』という大型商業施設があるので、ファミリー層に人気のエリアとなっております。
ワカバウォークにはスーパー「ヤオコー」や、「ユナイテッドシネマわかば」という映画館など、50超の店舗があります。


鶴ヶ島市内には60以上の公園があり、子育て世代にも適しています。鶴ヶ島市運動公園や池尻池公園、鶴ヶ島グリーンパークなど広い公園も多数あります。


鶴ヶ島市の人口予測:将来の展望を探る




鶴ヶ島市の人口は約7万人となっており、2005年の約7万人からはほとんど推移しておりません。今後は少しずつ人口は減少して2045年には約6万人ほどになると推定されております。
全国的に高齢者率が増えていますが、鶴ヶ島市も同様に増えてきており、2030年頃には3人に1人が高齢者となると推定されております。



鶴ヶ島市の不動産市場:売却相場と動向




町名売却価格土地面積築年数売却時期
鶴ヶ島市大字上広谷2,980万円99.2㎡築16年令和6年1月
鶴ヶ島市脚折町3丁目2,230万円198.5㎡築17年令和5年10月
鶴ヶ島市松ヶ丘3丁目1,780万円150.0㎡築37年令和5年9月
鶴ヶ島市大字五味ヶ谷2,280万円134.9㎡築29年令和5年7月
鶴ヶ島市市新町2丁目2,300万円139.9㎡築25年令和5年1月

鶴ヶ島市の不動産売却の相場については、コロナ感染が拡がった頃にウッドショックなど様々な要因が重なって大きく上昇しました。
現在はピークは過ぎたようですが、まだまだ高い水準となっております。エリアにもよりますが、より高額での売却を希望するのであれば、現在は売り時と言えます。

駅近くのマンションはもちろん、駅から離れた一戸建てでも相場は上昇しております。新築が高額になった影響で、新築に手が届かない方も増えており、そういった方へ中古住宅を売却するチャンスとなっております。





不動産売却のプロセス:鶴ヶ島市でのステップガイド



STEP1売却を検討したらまず相談

ご自宅がいくらで売れるのか、そもそも売れるのかなど売却を検討したらまずは
プロにご相談ください。希望の金額や売却の理由などお聞かせください。


STEP2売却にかかる費用を知る

お住まいを売却するにも税金や諸費用がかかります。何がどれくらいかかるのかを把握しましょう。 費用がかかるものとして仲介手数料(成功報酬なので売却を中止した場合にはかかりません)、印紙代、ローンの抵当権抹消登記費用、司法書士報酬、引越し費用などがあります。
売却により譲渡益が発生すると所得税・住民税がかかります。(特別控除が利用できる場合があります)

STEP3無料査定を行う

ウルハホームでは経験と知識が豊富なスタッフが無料で査定いたします。
査定には実際に現地に訪問させていただき、しっかりと調査をして価格を提案する訪問査定と、電話やメールによる簡易査定があります。
ご希望に合わせて対応させていただきますので、いくら位になるのか参考程度に知りたい方でも気軽にご相談ください。

STEP4売却を依頼する・媒介契約締結

ウルハホームに売却を依頼することを決めた場合、お客様との間で媒介契約(売却を不動産仲介業者に依頼すること)を締結します。
媒介契約には「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

お客様が知っている物件の状況や買主様に引き渡す設備の状態等について、売主様に「物件状況等報告書」と「設備表」を記入していただきます。

STEP5売却活動をする

媒介契約締結後はお客様のご希望に沿った売却が実現できるよう積極的に売却活動を展開していきます。(新聞折り込み、ポスティング、インターネット広告、オープンハウスなど)
ウルハホームでは自社ホームページだけではなく、注目度の高い人気のポータルサイト「LIFULL HOME’S(ライフル ホームズ)」などにお客様の物件を掲載いたします。※広告費は無料です。

■週に1回のご報告
ウルハホームでは媒介契約の種類に関わらず、原則週1回の活動報告を行います。
お客様との連絡を密にすることで、売却活動の見直しができるため、安心して売却活動をお任せいただけます。

STEP6現地へのご案内

お問い合わせいただいた方に実際に現地を見学していただきます。現地だけではなく周辺環境や商業施設などの魅力もお伝えいたします。
また、ウルハホームでは忙しくて現地見学に行けない方にも、実際に見学しているような雰囲気をお伝えするためにVR内覧・360°パノラマ・動画の掲載をしております。

STEP7購入の申し込みが入る

購入希望者から購入申し込み書の提出がされたら、売買代金、代金の支払い方法、引き渡し時期等の具体的な契約条件の交渉・調整をいたします。
ご売却の条件にご納得いただけるかどうかをご判断ください。

STEP8重要事項説明・売買契約締結

売買契約の前に宅地建物取引士より物件について重要な事項(権利関係・法令上の制限・契約解除に関する規定など)の説明を行い、しっかりご理解いただいた上でご署名・ご捺印ください。
その後、不動産売買契約書・物件状況等報告書・設備表を用いて取引内容や当事者の権利・義務などの契約内容の最終確認(売主様には物件に付帯する設備と状況を買主様に報告していただきます。)を行った上で、買主様と売主様にご署名・ご捺印いただき、買主様より手付金(売買代金の一部に充当)を受け取ることで契約締結となります。

STEP9抵当権の抹消・引越し・現地確認

ご売却物件に住宅ローンの残債がある場合、物件の引渡しの前までに抵当権を抹消する手続きが必要になります。(手続き完了までは日数がかかります)残代金の受領日までに引越しを済ませてください。
準備を怠りますと、契約違反・損害賠償に発展する可能性があるのでご注意してください。
引越しが済みましたら、引渡し後のトラブルを防止するために、買主様と売主様双方で契約時に取り交わした物件状況等報告書・設備表を用いて、契約時と物件の状況・設備が変わりないか確認いただきます。

STEP10残代金受領・引き渡し

残代金受領に向けて必要書類等について事前にお知らせいたします。
司法書士が登記手続きを行い、残代金の受領・(引き渡し日以降の買主様負担となるべき)固定資産税等精算金の受領と同時に鍵の引き渡しとなります。



不動産売却の基礎知識:初心者向けの情報

【不動産売却時に売主が用意する必要のある費用や書類などについて】

①顔写真付き身分証(免許証・パスポート等)
②実印
③印鑑証明書(引渡し日の3ヶ月以内のもの)
④登記識別情報通知(権利書)
⑤収入印紙(契約書の原本保管を希望する場合)
⑥固定資産税納税通知書(直近のもの)
⑦物件資料(購入時の図面や建築確認申請書など)

<代理人で売却を進める場合>
⑧委任状(売主本人自署で実印で押印)
⑨代理人の顔写真付き身分証(免許証・パスポート等)
⑩代理人の実印
⑩代理人の印鑑証明書(引渡し日の3ヶ月以内のもの)


売却時の留意点:注意すべきポイント



現在のお住まいを売却して、新たに不動産を購入される買い替えの場合、売却と購入のタイミングが重要となります。同時に行えるのが理想的なのですが、タイミングを合わせることはとても難しいものです。
先に売却するか、先に購入するか、それぞれメリット・デメリットがあるのでご相談の上、慎重に進めていく必要があります。
ウルハホームでは安心して買い替えができるようにお手伝いいたします。

売却先行のメリット

・何といっても売れない心配がありません。
・売却金額が確定するので、購入の資金計画が立てやすくなります。

売却先行のデメリット

・引き渡しまでに購入物件が決まらない場合、現在のお住まいを引き渡さなければないため、仮住まいをする必要があります。
・売却と購入のタイミングを合わせたいがために、購入物件を妥協しなければならない場合があります。

購入先行のメリット

・ご希望条件にあった購入物件をじっくり探せます。
・購入物件が先に決まるので、仮住まいの必要がありません。
・新築の未完成物件など引き渡しまで時間のかかる物件を購入する場合、代金の支払いまで時間があるため、購入後に売却を始めてもタイミングが合う可能性があります。

購入先行のデメリット

・購入物件の決済までに売却する必要があるため、売却にかけられる時間が限られます。
・売却のめどが立たたないと、購入資金の不足やダブルローンになる場合があります。

売却先行とするパターン

現在のお住まいがいくらで売却できるか未確定のため、資産計画が立てられないような場合や、購入希望物件がまだ決まっていない場合には売却を先行させます。
※無理せず買い替えを行うには売却先行が一般的です。

購入先行とするパターン

現在のお住まいの売却価格に関わらず購入できる場合や、ダブルローンになっても資金に余裕がある場合、すでに購入希望の物件が決まっている場合には購入を優先させます。
※買い替えローンや住み替えローン、つなぎ融資といったものもあります。詳しくは営業担当までお問い合わせください。





ウルハホームを選ぶ理由:信頼できるパートナーの特徴




株式会社ウルハホームは地域密着型の家族経営でアットホームなお店です!家族ならではの連携により、スピーディーにご対応可能となっております。

川越市に30年以上住んでいるので、昔からの変化や周辺環境などに詳しく、川越に詳しく無い方にも色々な情報をお伝えすることが可能です!

代表は仲介日本一の大手不動産会社で修行した経験がありますので、そこで得た経験から様々な提案をさせていただきます。
良いことから悪いことまで隠さずにお伝えするので、お客様からはご好評いただいております。

また、ウルハホームでは売却時の仲介手数料が最大半額でお手伝いさせていただいております! 例えば3000万円で売却できた際に、通常約105万円の仲介手数料がかかるところ、ウルハホームでは半額でお手伝いさせていただきます!(※社内規定による)
相続絡みでの売却の際には、初回無料相談が可能な司法書士のご紹介なども行っておりますので、安心して売却を進めることが出来ます!

さらにウルハホームでは、すぐに現金可することが可能な買取も取り扱っております!近所の方に知られること無く、売却することが可能です。(※社内規定により、買取不可の場合もございますので、予めご承知おき下さい。)


代表からのご挨拶:私たちの信念


皆様の人生において、不動産を購入することは人生で一度あるかどうかの大きな出来事だと思います。
しかし、そのような大きな出来事にも係わらず、不動産業界は旧体制の不明瞭な部分が未だに根付いていて、嫌な思いをされている方が数多くいらっしゃいます。 

ウルハホームでは、そういった旧体制から脱却し、今の時代のニーズに合ったスタイルを提供できるシステムを採用いたしました。 

未だ多くの不動産仲介会社は会員制を採用して、情報をオープンにしていなかったり、囲い込みをしている現状があります。
お客様ファーストで考えれば得になることはひとつもありません。そこでウルハホームでは会員登録など一切無しで、全ての情報を公開しております。

 インターネットの発達により、お客様が事前に不動産の情報を入手することが容易になりましたが、より詳細な情報を提供できるように360°パノラマ・動画・VR内見といったシステムを導入しております。 

経営理念に掲げております『人に幸せ、家族に幸せ、社会に幸せ』を少しでも実現できるよう、誠心誠意お手伝いさせていただきます。 

川越市(狭山市・ふじみ野市・鶴ヶ島市・坂戸市など)の不動産売却なら、ぜひ一度ウルハホームにご相談ください。    
代表取締役 打田雄統



お客様のリアルな声:満足度の証言


土地売却
A様
時間がかかるかと思っていたのに、2ヶ月で売却することが出来て助かりました。

担当者より
無料査定から契約~引渡しまで、大きなトラブルもなく、スムーズに進めることが出来て良かったです!ありがとうございました。




一戸建て売却
M様
売却から住替えまでお世話になりました。引越しのタイミングを上手く調整してくれたので凄くありがたかったです!

担当者より
お住替えは「売却」と「新居お購入」の色々なタイミングを合わせるのが難しいのですが、ご協力いただけたおかげで無事に引渡しまで進みました!ありがとうございました。



マンション売却
K様
諸事情で急遽、実家に戻ることになり、急ぎでの売却をお願いしましたが、希望通り3ヶ月以内に完了することが出来て、ありがたかったです。

担当者より
査定の段階で早期成約を目指すプランをご提示させていただき、弊社の提案に賛同いただけたので上手く希望の期間内で進められました。ありがとうございました。




不動産売却のヒント&コラム:知っておきたい情報







川越の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

不動産売却情報

相続・空き家

お役立ち情報

エリア別不動産売却

売却査定

お問い合わせ