不動産売却を住みながらおこなう方法と注意点をご紹介

2022-05-12

売却

不動産売却を住みながらおこなう方法と注意点をご紹介

埼玉県川越市を中心に狭山市、鶴ヶ島市、ふじみ野市、坂戸市にて不動産売却を検討している方に向けた記事です。

不動産を売却したいけれど「住みながら売却できるのか」、「買い替えたいけど大変そう」と思っている方の参考になる内容になっております。
お持ちの不動産を住みながら売却するときの注意点やメリット・デメリットについてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう方法とメリットを知ろう

不動産に住みながら売却する方は多くいますが、見せ方によっては見学者に対して良くない印象を与えたり売却時に不利になったりする可能性があります。
住みながら売却する場合の特徴と売却方法をご紹介します。
メリット

  • 転居先費用が発生しないためコストがかからない
  • 売却で得た資金を住み替え費用に充てられる
  • 見学者に家の魅力を伝えられる

費用面でのメリットは大きいと感じられるでしょう。
デメリット

  • 急な見学に予定を合わせる必要がある
  • 生活感が出すぎると魅力が伝わりづらい
  • 荷物が多いと狭く感じさせてしまう

溢れる生活感によって成約率を下げてしまう可能性があります。
住みながら売却する際はコストを抑えながら、生活感をできるだけ出さないようにすると良いでしょう。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなうコツと注意点

家の売却を成功させるためには見学者に良いと思ってもらわなければなりません。
住みながら売却する際に意識する点とコツは下記を参考にしてください。

  • 見学予約に応える(スケジュール調整)
  • 第一印象が「キレイ」と思われるように掃除する
  • 食事などニオイ対策を忘れない
  • 住んでいるからこそわかる情報を伝える

見学予約は急に入るものなので、売却期間中はキレイな空間を保ちましょう。
住みながら売却するときの注意点は、「急に売れて急に次の家探し」が必要になる可能性があることです。
事前に引っ越し先の情報や候補を持っておくようにしましょう。
不動産取引では「リースバック」という方法もあり、投資家など第三者に住んでいる不動産を購入してもらって、その家に住み続ける取引になります。
転居先にすぐ引っ越しすることができないなどの理由で、このリースバックの需要が高まっています。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

不動産に住みながら売却する方法や売れるコツ、注意点についてご紹介しました。
住みながら売却することは可能ですが、急な見学のスケジュール調整や建物をキレイに保つなどの準備は必要です。
リースバックによる売却方法もありますので「住み替えたいな」とご検討されている方は「いくらで売れるか」査定や売却方法についてご依頼ください。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ