不動産売却後に引っ越しをしなくて良い!リースバックとは?

不不動産売却後に引っ越しをしなくて良い!リースバックとは?

まとまった資金が必要だったり、住宅ローンの返済が負担だったりして、不動産の売却を検討している方も多いでしょう。
しかし、自宅を売却すると、引っ越しをしなければなりません。
売却したいけど、引っ越しは避けたいと考えている方にはリースバックという方法での売却がおすすめです。
そこで今回はリースバックとはどのような売却方法なのか、メリットやデメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

新しい不動産売却方法!リースバックとは?

リースバックとは、不動産売却方法の一種で、売却後も賃貸借契約を結ぶことで自宅に住み続けることが可能です。
一般的には不動産を売却すると、資金が入るのと引き換えに買主に不動産を明け渡さなければなりません。
しかし、リースバックを利用すれば、買主との間で賃貸借契約を結ぶため、売却後も引っ越す必要がなく住み続けられるのです。
リースバックを利用すると、所有からリースに切り替わります。
不動産を使った資金調達の方法であるリバースモーゲージとは異なる仕組みとなっているため、混同しないようにしましょう。
リバースモーゲージは、不動産を担保にお金を借りる方法で、所有権は移動しません。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

新しい不動産売却方法!リースバックのメリットは?

リースバックを利用して不動産を売却するメリットは、住み慣れた自宅から引っ越すことなくまとまった資金が得られることです。
まとまった資金は必要だけど生活環境を変えたくない、という方にはぴったりの不動産売却方法といえるでしょう。
引っ越しの必要がないため、通勤や通学に支障がなく、売却を周囲に知られることもありません。
所有権が移るため、固定資産税などの税金や修繕費などの維持管理費も支払う必要がなくなります。
将来的な相続問題から解放される点もメリットの1つでしょう。
しかし、リースバックはメリットばかりではありません。
売却後は家賃を支払い続けなければならず、結果的に高い金額を支払うことになってしまうという可能性もあるため注意が必要です。
所有権がないため、自由度が下がってしまうというデメリットもあります。
住宅ローンが完済していない場合は、リースバックそのものを利用できないケースも少なくありません。
利用できるかどうか確認したうえで、メリットやデメリットを吟味してください。

弊社が選ばれている理由|スタッフ一覧

まとめ

リースバックとは、売却後に賃貸借契約を結ぶことで、自宅に住み続けられる新たな不動産の売却方法です。
引っ越しが必要なくまとまった資金が手に入れられることは、とても大きなメリットといえるでしょう。
しかし、自由度がさがってしまう点や家賃を支払い続けなければならないといったデメリットもあります。
利用する際は、よく検討してください。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ