家が売れないとどうなる?家が売れない理由や対策を解説

家が売れないとどうなる?家が売れない理由や対策を解説

家を売却したいがなかなか売れず、このまま家が売れなかった場合はどうなるのか、と悩んでいる方も多いでしょう。
家を売却に出しても必ず希望どおりの期日と価格で売れるとは限りません。
家を売却する場合は売れない場合も想定して対策を立てておくのが理想です。
今回は家が売れないとどうなるのかを、家が売れない理由や売れないときの対策とあわせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

所有している家が売れないとどうなる?

所有している家が売れない場合、競売にかけられる、不動産会社に買い取られる、あるいは空き家のまま所有し続けることになります。
住宅ローンの返済が滞っており、任意売却を試みたが売れない場合、家は競売にかけられます。
競売は裁判所によって強制的におこなわれ、相場価格より安い金額で売却されるケースが一般的です。
住宅ローンが完済している場合は、仲介を依頼している不動産会社に買取してもらう方法もあります。
買取保証とも呼ばれるこの制度を利用すれば不動産の売却は可能ですが、やはり相場より買取価格は低くなるのが一般的です。
不動産会社による買取の申し出を断った場合、家を所有し続けることになり、新しい家を購入していない場合はそのまま住み続けることになります。
すでに別の家に住んでいる場合は、空き家を管理する手間と固定資産税を支払う経済的な負担が発生します。

▼この記事も読まれています
任意売却における委任状の役割とは?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

所有している家が売れない理由とは?

家を売却に出しているのに売れない理由はさまざまあります。
家に関する問い合わせが少ない場合は、売り出している家が魅力に乏しい、売り出している家の情報が広く認知されていないなどの理由が考えられます。
たとえば、都市部から離れた場所に建っている家や、交通の便が悪い家などはどうしても問い合わせが少なめになりがちです。
内見が一定数あるのに決まらない場合は、売り出している家に対する期待と現状にギャップがある可能性が高いです。
思っていたより家の老朽化が進んでいた、周囲の環境が騒がしいなどの理由で購入につながらないケースもあります。
このほか、地域相場や家の築年数、広さに対して価格が高過ぎる理由で家が売れない場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸中の不動産の任意売却は可能?運用中の物件を手放す際の注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

家が売れない場合の対策

家が売れない場合の対策として、不動産会社とも相談して家の売却戦略を見直しましょう。
ただし、値下げは最終手段と考え、安易に応じるのは避けたいところです。
広告内容を見直す、ハウスクリーニングを入れて家をきれいに見せる、内見にきた方への対応を見直すなど、できることからやってみるようにしましょう。
また、ホームステージングによって家をおしゃれかつ魅力的に演出してみるのも、購入希望者の購買意欲を高めるのに有効です。

▼この記事も読まれています
任意売却ができないケースやできない場合はどうなるのかについて解説!

まとめ

家の売却は売り出す時期や物件の状態によって、契約までに時間がかかる場合もあります。
都市部から離れ交通の便が良くないなど、魅力に乏しい物件を売却する場合は、一定期間売れなかったらどうするか、対策を考えたうえで売却しましょう。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ