根抵当権の特徴は?根抵当権が付いた不動産を売却する流れと注意点も解説

2024-06-11

根抵当権の特徴は?根抵当権が付いた不動産を売却する流れと注意点も解説

根抵当権が付いた不動産は、一般的な不動産と同じように売却できるのか不安になるかと思います。
あらかじめ売却の流れや注意点を確認しておくと、実際に売却手続きに入るときも安心して対応できるでしょう。
今回は、根抵当権が付いた不動産を売却する流れと注意点を、根抵当権の特徴とともに解説していきします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却前に根抵当権の特徴を確認

根抵当権とは、不動産を担保とした場合に貸し出し可能な金額の上限(極度額)を設定し、範囲を超えない金額のなかで繰り返し借り入れたり返済したりするもののことです。
特徴は、事前に設定した極度額に達するまでは回数制限なしで借り入れが可能な点です。
たとえば、2,000万円を極度額とし、最初に500万円の融資を受けた場合、残りの1,500万円は後日に追加融資として一括あるいは分割にて受け取れます。
また、根抵当権は融資を受けるときに必要な設定登記が初回のみで済むため、繰り返し融資を受けたいときは登記の手間や費用が発生せず便利です。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

根抵当権が付いた不動産を売却する流れ

根抵当権が付いた不動産は売却しにくいとされていますが、流れを踏まえれば可能です。
まずは、売却希望の不動産を査定してもらい、査定額が残債務を上回るアンダーローンの場合は、金融機関と売却の交渉に入りましょう。
査定額が残債務を下回るオーバーローンの状態なら、売却ではなく任意売却などの方法を検討します。
そして、金融機関との交渉により売却への合意が得られたら、元本確定をおこないます。
元本確定すると借り入れ金額が確定し、その後は根抵当権によるお金の貸し借りはできません。
元本確定を済ませたら、不動産を購入する方が見つかり次第、根抵当権の抹消登記をして売却し不動産を引き渡します。

▼この記事も読まれています
固定資産税滞納はまずい?滞納してても売却できる条件や方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

根抵当権が付いた不動産を売却する注意点

根抵当権が付いた不動産を売却する際は、不動産を所有している方と、金融機関から融資を受けている方を確認してください。
所有している方と融資を受けている方が違う場合、知らず知らずのうちに融資額が増えている恐れがあります。
いざ売却手続きに入り融資額を確認すると予想以上の借り入れ額となっており、オーバーローン状態になるなどトラブルに発展することもあるため注意しましょう。
また、元本確定すると根抵当権を元に戻せない点も、根抵当権が付いた不動産を売却する際の注意点のひとつです。
担保になる別の不動産がない限りは根抵当権による借り入れができないため、元本確定前に融資を受ける必要がないか忘れずに確認してください。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

根抵当権の特徴は、極度額まで複数回借り入れられる点と、設定登記が初回だけで済む点です。
根抵当権が付いた不動産の売却は査定から元本確定、根抵当権の抹消登記の流れで進みます。
実際に売却する際は、元本確定後の借り入れ不可となる点などに注意しておこなましょう。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

不動産売却情報

相続・空き家

お役立ち情報

エリア別不動産売却

売却査定

お問い合わせ