不動産売却に必要な不動産査定書とは?査定書の見方やポイントをご紹介

2024-05-28

不動産売却に必要な不動産査定書とは?査定書の見方やポイントをご紹介

不動産の売却を考えている方のなかには、まず何から始めれば良いのか、わからなくて困っている方もいらっしゃると思います。
不動産を売却する際にやることのひとつが不動産会社への査定依頼であり「不動産査定書」の発行が必要です。
今回は、不動産売却に必要な「不動産査定書」とはどのようなものか、査定書の見方や見ておきたいポイントについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に必要な不動産査定書とは?

不動産査定書とは、不動産会社に査定を依頼して、その査定結果が記された書類です。
不動産査定書には2つの種類があり、1つ目は不動産会社による不動産査定書で、不動産を売る方が不動産の市場価格を確認するのに用いられるケースが多いです。
不動産会社にとっても、不動産査定は将来の取引チャンスにつながるため、不動産会社による不動産査定は無料でおこなわれます。
2つ目は、不動産鑑定事務所が作成する不動産査定書(不動産鑑定書)で、公的な効力をもつ書類です。
不動産鑑定資格を有した鑑定士が、公式な鑑定評価基準に基づいて不動産を評価します。
信頼性が高く、裁判など公的な証明書としても使用されます。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の不動産査定書の見方

不動産査定書の見方として、まずは「査定物件の情報」や「査定地の査定価格」などの項目に注目してみてください。
「査定物件の情報」には、査定物件の住所や面積、駅までの距離や、接道状況などを査定した情報が書かれています。
「査定地の査定価格」の項目には、不動産の査定価格、面積、建物の査定価格、流通性比率から算出した査定額が書かれています。
「査定額の根拠」では、交通の便の良し悪し、隣地の状況、査定地の周辺の環境、日照や採光の状況などの情報をもとに評価をおこなったものです。
どのような要素が加点や減点の要因となったのかわかりやすくするために、査定額を算出する計算式が記されている場合もあります。

▼この記事も読まれています
固定資産税滞納はまずい?滞納してても売却できる条件や方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時の査定書で重点的に見ておきたいポイント

不動産査定書の見方のポイントとして、まず査定額の総額をチェックすることが挙げられます。
複数の不動産会社から不動産査定書を受け取った場合、総額にはばらつきがあると思います。
住宅ローンが残っている方は、高い価格だけでなく、もっとも低い価格でも住宅ローンが返済できるかどうか確認しておきましょう。
また、ほかにチェックしておきたいポイントのひとつが「流通性比率」です。
流通性比率は売りやすさをあらわしたもので、1が基準となり、それよりマイナスなら売りにくい、プラスなら売りやすいと判断できます。
また、不動産査定書の見やすさも重要で、査定書を見やすく作成してくれる不動産会社は、ネットでの展開の仕方やチラシの告知などのデザイン性に優れている傾向があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

不動産査定書とは、不動産会社に査定を依頼して、その結果が記された書類です。
不動産査定書の見方としては「査定物件の情報」や「査定地の査定価格」などの項目に注目して見ていきます。
とくに重点的に見ておきたいポイントとして、査定額の総額や流通性比率、くわえて査定書の見やすさも参考になるのでチェックしておきましょう。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

不動産売却情報

相続・空き家

お役立ち情報

エリア別不動産売却

売却査定

お問い合わせ