不動産売却はキャンセルできるのか?違約金やキャンセルの流れを解説!

2024-02-06

売却

不動産売却はキャンセルできるのか?違約金やキャンセルの流れを解説!

不動産売却を進めているうちに、どうしてもキャンセルしなくてはならない事情ができるかもしれません。
結論から述べると、契約後に売却をキャンセルすることは可能ですが、違約金を支払う必要があります。
では、違約金の相場や支払いの流れはどうなっているのでしょうか。
そこで今回は、不動産売却のキャンセルについて、違約金の相場と流れを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却はキャンセルできるのか?

不動産の売却活動中でもキャンセルは可能で、仮に売買契約締結後でもやむを得ない事情がある場合はキャンセルが可能です。
不動産売却手続きそのものが売主と買主の合意によって成り立つ取引なので、関係者の合意さえあればいつでもキャンセルをすることができます。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をキャンセルすると違約金が発生する?

不動産の売却活動中だったとしてもキャンセルすることはできますが、違約金が発生することがあります。
まず、基本的に訪問査定後にキャンセルをしても違約金は発生しません。
つぎに、媒介契約後のキャンセルですが、一般媒介契約の場合は、違約金が発生せずにキャンセルすることができますが、広告費を請求されてしまう場合があります。
専任媒介契約の場合ですが、不動産会社に問題がある場合と契約期間満了の際に契約を更新しなければ違約金が発生せずにキャンセルできます。
専任媒介契約で違約金が発生するのは、主に契約期間内に契約を解除する場合です。
売買契約後のキャンセルは買主に対する解約手付金と不動産会社との契約解除による違約金の両方が掛かる可能性があります。
請求できる違約金の上限額は媒介契約書で定めた約定報酬額が上限になりますが一般的に売買代金の10~20%程度が相場です。
ただし、契約書によって異なるので、違約金については契約前によく契約書を確認しておくことが重要です。

▼この記事も読まれています
固定資産税滞納はまずい?滞納してても売却できる条件や方法をご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をキャンセルする際の流れとは?

不動産売却のキャンセルの流れは契約形態や売却活動の段階により異なります。
一般媒介契約の場合は、いつでも電話で解約の旨を伝えるだけでキャンセルが可能です。
専任媒介契約の場合は、電話でも可能ですが、電話での解約を受け付けていない場合もあるので、トラブルを避けるためにも書面で解約の意思を伝えるのが重要です。
売買契約のキャンセルをしたい場合は、買主とのトラブルを避けるためにも媒介契約を結んでいる不動産会社にキャンセルの旨を伝えましょう。
手付解除期間内の解除の場合は期限があるので、媒介する不動産会社に電話による口頭での意思表示をしたうえで、買主に対しては書面などで契約解除を申し出ることでトラブルに発展する可能性が低くなります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

不動産売却は、契約後にキャンセルすることができますが、違約金が掛かるケースがあります。
違約金の相場は、売買代金の10~20%程度ですが、契約書によって異なります。
不動産売却のキャンセルは、トラブルになりやすいので慎重に判断しなくてはなりません。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ