ペットを飼っていた不動産が売却で不利になる理由を解説!

ペットを飼っていた不動産が売却で不利になる理由を解説!

不動産売却を検討している方のなかには「ペットを飼っていた不動産は売却で不利になる」と聞いて不安に思う方もいると思います。
不安を解消するためにも、売却で不利になる理由と売却するための対策を知っておくと良いです。
今回は、ペットを飼っていた不動産が売却で不利になる理由と売却するための対策を解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ペットを飼っていた不動産が売却で不利になる理由!

一般的に、犬や猫などのペットを飼っていた不動産は売却で不利になるといわれます。
売却が不利になる理由としてまず挙げられるのが、ペットのにおいが部屋に染みついていることです。
一緒に生活している買主は気づきにくいものですが、犬や猫のペットからは独特のにおいが発せられています。
ペットのにおいはソファやカーテン、カーペットなどの布製品はもちろん、壁紙などにも染みついていることが多いです。
ペットが走り回ったり、引っ掻いたりしてできた傷も、売却が不利になる理由として挙げられます。
ペットを飼っていた不動産には、どうしてもフローリングや壁紙に傷ができてしまいます。
購入希望者がリフォームを前提として物件を探している場合は、傷などのダメージには寛容なケースが多いです。
しかし、あまりにも傷が目立っていると悪い印象を与えてしまい、売却が不利になる可能性も否定できません。
そのほか、ペットアレルギーの問題でペットを飼っていた不動産の売却が不利になるケースもあります。
綺麗に掃除をしていても、意外とペットの抜け毛は壁紙などに付着しているものです。
アレルギー体質の方が敏感である場合は、症状がでてしまう可能性もあります。

▼この記事も読まれています
不動産売却による譲渡損失とは?利用できる特例と確定申告の流れをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

ペットを飼っていた不動産を売却するための対策!

ペットを飼っていた不動産をスムーズに売却するには、においや抜け毛を除去するためにハウスクリーニングを実施するのがおすすめです。
掃除だけでペットのにおいや抜け毛を完全に除去することはなかなかむずかしいものです。
なお、ハウスクリーニングだけで完全ににおいを除去できない場合は、壁紙の張り替えも検討したほうが良いかもしれません。
また、ペットを飼っていた不動産を売りに出す前に、ペットが走り回ったり、引っ掻いたりしてできた傷も修繕しておくのが望ましいです。
ホームセンターなどで販売されているリペアキットなどを使っても良いですが、深い傷については業者に修繕依頼することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に用意する付帯設備表とは?記載事項や注意点もご紹介

まとめ

ペットを飼っていた不動産の売却が不利になるのは、においや傷、抜け毛などが原因です。
対策としては、売却する前にハウスクリーニングを実施しておくことが挙げられます。
また、掃除だけでなく、目に見える引っかき傷なども修繕しておくと効果的です。
川越市の不動産買取・売却は地域密着の株式会社ウルハホームがサポートいたします。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。



川越の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ