地震で倒壊しやすい家は手放すべき?特徴や売却の方法をご紹介

地震で倒壊しやすい家は手放すべき?特徴や売却の方法をご紹介

地震が起きやすくさまざまな対策が練られている日本の住宅においても、倒壊に対する対策が万全であるとは言えません。
地震によって倒壊しやすい特徴を備えた家をお持ちの場合、売却したいという方がほとんどでしょう。
今回は、地震で倒壊しやすい家の特徴や、実際に倒壊してしまった場合の対応、そのような物件の売却方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

地震で倒壊しやすい家の特徴

現在、新築で建てられている家は1981年6月以降に定められた新耐震基準で建築されており、なるべく倒壊しにくいような設計がなされています。
逆に言えば、1981年5月31日以前の旧耐震基準で建てられている家は現在の建築基準を満たしておらず、倒壊しやすい家と見なせるでしょう。
新耐震基準で建てられている家であっても、シロアリ被害に遭っている場合は注意が必要です。
シロアリは家の柱や土台を食べてしまうため、家全体が脆くなってしまいます。
また、瓦葺きで屋根が重い家や間仕切り壁が少ない家なども、地震で倒壊する危険性が高いです。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

実際に地震で家が倒壊した際の対応

地震の被害で家が倒壊したら、ほとんどの場合は補修では間に合わず建て直しになるでしょう。
しかし、地震によって家が倒壊したあとも、返済が終わっていない住宅ローンは残ります。
その状態で新しい住宅ローンが組めるかや、借りられる金額は現在のローン残債や収入によって異なるため現状の把握が急務です。
地震保険に加入していれば、建物と家財一式に関しては補償が受けられます。
ただし、自動車や美術品、貴金属などは対象外となる場合がほとんどです。
加入している保険の内容を確認し、しかるべき機関に連絡するなどの対応をとりましょう。
また、地震で家が倒壊した場合は被災者生活再建支援制度などの公的支援制度が受けられる可能性もあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

地震で倒壊しやすい家を売却する方法

地震で倒壊しやすい家にはそのまま住み続けるよりも、売却や買取に出してしまうのがおすすめです。
ただし、一般の買主にとって倒壊リスクのある家は売れやすいとは言えないため、売却には工夫が必要になります。
たとえば、売主がリフォーム費用を負担するといった条件であれば家の設備を新しくする費用が浮くため、購入したいと考える買主もいるでしょう。
交通の利便性が良い、周辺に生活に必要な商業施設などが揃っているなど立地条件が良い物件であればそのまま売却することも可能です。
また、家ではなく土地のほうにフォーカスし、古家付き土地として売り出す方法もあります。
どうしても個人の買主に売れないようであれば、不動産会社に買取してもらうのもひとつの手でしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

現在の耐震基準にそぐわない旧耐震基準で建てられた家は、地震によって倒壊する可能性が高い物件です。
倒壊しやすい物件を手放したい場合は、リフォーム費用を負担したり、立地や土地の魅力をアピールしたりするなど売り方を工夫すると良いでしょう。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ