不動産売却における耐用年数とは?減価償却との関係もご紹介

2022-12-20

売却

不動産売却における耐用年数とは?減価償却との関係もご紹介

不動産の耐用年数は売却価格に影響するため、不動産売却において重要な要素の一つであり、不動産売却を考えているなら耐用年数を把握しておく必要があります。
しかし、一言で耐用年数と言っても、住宅の耐用年数には3つの種類があり、それぞれの特徴の違いを理解していない方も多いのです。
そこで、この記事では不動産売却における耐用年数とはなにか、減価償却との関係などについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における耐用年数とは

前述したように住宅の耐用年数には、3つの種類があります。
1つ目は、建物が構造物の仕組みや品質を維持できる年数を表した「物理的耐用年数」です。
不動産の耐用年数としてはあまり使われていません。
2つ目は、不動産の価値を公平に割り出すために国が設定しているもので、税法上その建物に価値がある期間を表す際に使われている「法定耐用年数」です。
資産の種類や建物構造などによって設定されているもので、減価償却に関係するため、目にする機会が多くなります。
3つ目は、建物が劣化して価値がなくなるまでの年数を示している「経済的耐用年数」です。
将来的に必要となるメンテナンス費用などによって算出されるため、同じ構造の建物であっても年数が異なります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における建物構造別の耐用年数

前述したように法定耐用年数は、建物構造によっても耐用年数が異なります。
そのため、法定耐用年数の違いを理解しておくことが重要です。
ここでは、取り扱うことが多い「一戸建て・マンション・木造アパート」の耐用年数をご紹介します。

  • 新築の木造一戸建て住宅「22年」
  • 鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造のマンション「47年」
  • 木造アパート「20年」

売却を考えている不動産の耐用年数を把握しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却において重要である耐用年数と減価償却の関係

減価償却とは、時間経過とともに減少していく建物や設備などの資産価値を帳簿上の価値から差し引く手続きのことです。
この減価償却を決められた計算方法で割り出したのが「減価償却費」です。
減価償却費を計算する際には、先ほども触れた物件の法定耐用年数が使われます。
また、減価償却費は譲渡所得を計算する際に必要になるため、不動産売却を考えているなら、きちんと理解しておくべき要素です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

耐用年数には3つの種類があり、そのなかでも法定耐用年数は不動産売却に関わる重要な数値です。
不動産の価値を知れるため、売却する際の目安として利用できます。
また、譲渡所得を計算するために必要な減価償却費を求めるために使うため、不動産売却を考えているなら理解しておくべき重要な数値です。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ