不動産売却ではオープンハウスが効果的?メリットやデメリットをご紹介

2022-10-11

売却

不動産売却ではオープンハウスが効果的?メリットやデメリットをご紹介

不動産売却では、どのような売却活動をおこなうかが重要です。
なかなか売れないと悩んでいる方は、オープンハウスの開催を検討してみましょう。
オープンハウスとはどんなことをするのか、実施するメリットやデメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でおすすめのオープンハウスとは?

オープンハウスとは売却する物件を解放し、自由に内覧できるようにすることです。
オープンルームと呼ばれることもあり、マンションと一戸建てで使い分けるケースもあるようですが、明確な決まりはありません。
売却活動の種類の1つで、住宅展示場のようにより多くの方に物件のことを見てもらうのが目的です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でオープンハウスを実施するメリットは?

不動産売却でオープンハウスを実施する最大のメリットとは、成約率が上がることです。
予約不要で内覧できるため、たくさんの方が来場します。
来場された方すべてが購入希望者というわけではありませんが、分母が大きくなるため成約率がアップすることは間違いありません。
オープンハウスを実施することで、早期売却しやすくなるでしょう。
また、希望価格で売却しやすいのもオープハウスを実施するメリットの1つです。
実施することで購入希望者が増えるため、無理に値下げを受け入れる必要がなくなります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却でオープンハウスを実施するデメリットは?

不動産売却でオープンハウスを実施することはさまざまなメリットがあるため、早く高く売りたい方にはぜひ検討してみてほしい売却活動です。
しかしデメリットがないわけではないため、知らずに実施すると後悔することになりかねません。
まずオープンハウスのデメリットとして、周囲に不動産売却が知られてしまうことです。
多くの方を集めるためにチラシや看板などで告知するため、周囲に知られずに不動産売却をおこなうことは難しいでしょう。
また、不特定多数の方に隅々まで見られることに抵抗を感じる方もいるでしょう。
さらに、不動産売却時のオープンハウス開催に消極的な不動産会社が多いため注意が必要です。
開催には手間も時間もかかるため、不動産会社によっては対応できないところあるので事前に確認してください。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

オープンハウスとは、売却活動の1つで、物件を自由に解放し予約なしで内覧してもらえるようにすることです。
より多くの方に物件をみてもらうことで、成約率アップ、早期売却が望め希望価格で売却しやすいというメリットがあります。
ただし、周囲に知られてしまうこと、不特定多数の方に隅々まで見られてしまうなどのデメリットも忘れてはいけません。
不動産会社によっては対応できないところもあるので、事前に確認しておきましょう。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ