不動産売却における必要書類をタイミング別にご紹介

不動産売却における必要書類をタイミング別にご紹介

不動産売却をおこなうとき、さまざまな書類を準備する必要があります。
しかし不動産売却は初めてでいつ何を準備したら良いのかわからず、不安に感じる方も多いことでしょう。
ここでは、埼玉県川越市周辺で不動産売却をご検討中の方に向けて、不動産売却における必要書類をタイミング別にご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における必要書類~不動産売却前~

不動産売却前には、以下のような必要書類があります。

  • 購入時のパンフレットなど
  • 住宅ローンの償還表

売却をおこなう前に、買主の募集広告を作成します。
物件の構造や築年数、設備など広告作成に必要な情報が購入時のパンフレットに載っているので、準備をしておくと募集広告の作成がスムーズです。
手元にない場合は、施工会社や管理会社などが再発行に対応してくれる場合もあります。
また、価格を決めるとき住宅ローンの残高も参考にするため、償還表が必要です。
償還表は定期的に金融機関から送付されています。
その他にも、インスペクションの結果報告書や建設住宅性能評価書などを準備しておくと、査定において不動産の価値が上がる可能性があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における必要書類~契約締結時~

不動産契約締結時には、以下のような必要書類があります。

  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 権利書
  • 固定資産税納税通知書
  • 建築確認済証、検査済証

不動産売却では実印を使用するため、印鑑証明書が必要となります。
また、住民票は登記上の住所が実際の住所と相違がある場合のみ必要となり、印鑑証明書と住民票は市役所などで取得できます。
権利書はこの時点では見せるのみであり、渡すのは決済のときです。
固定資産税納税通知書はその年のものが必要であり、毎年5月頃に税務署から送付されます。
また、建築確認済証と検査済証は購入したとき売主から交付されていますが、不動産を管轄している役所の建築課などにおいて代用できる書類を発行してもらうことも可能です。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における必要書類~決済時~

決済時には、以下のような必要書類があります。

  • 固定資産評価証明書
  • 登記関連の書類

固定資産評価証明書は所有権の移転登記をするために必要であり、都税事務所や県税事務所などで取得が可能です。
また、登記関連の書類とは具体的には委任状と登記原因証明情報で、司法書士に登記を委任するために必要です。
さらに、決済に立ち会えない場合は代理権授与証明書も必要となります。
これらの書類は、司法書士が作成するので、売主は事前または当日に署名と捺印をおこないます。
このとき、設備類の取扱説明書や購入時のパンフレットおよび設計図などがある場合、買主に引き渡すと良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

不動産売却では、それぞれのタイミングで準備する必要書類があります。
売却前には購入時のパンフレット、契約締結時には印鑑証明書や固定資産税納税通知書、決済時には固定資産評価証明書などとタイミングによって必要書類は異なります。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ