投資用物件の不動産売却に適したタイミングとは?売却の流れも解説

2022-11-22

売却

投資用物件の不動産売却に適したタイミングとは?売却の流れも解説

投資用物件の売却では、良い条件で売却するためにタイミングの見極めが大切です。
適切なタイミングで売却するためにも、周辺地域の情報や不動産の状態をよく把握しておきましょう。
この記事では、投資用物件の売却に適したタイミングと、不動産売却時の手順や流れを解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却での投資用物件とはどんな種類?

投資用物件とは、第三者への貸し出しなど、収益を目的として保有している物件のことです。
投資用物件の種類は、マンションの1部屋や1棟、一戸建て、駐車場などさまざまです。
居住用物件との違いとしては、利用できるローンの種類が挙げられます。
投資用物件では住宅ローンではなく、プロパーローンやアパートローンなどの事業用ローンを契約します。
事業用ローンは住宅ローンより高い金利が設定されていますが、物件の収益性が融資額につながるため、融資額も高くなる傾向にあります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

投資用物件の不動産売却に最適なタイミングとは

投資用物件がマンションの1室である場合は、大規模修繕の前の売却がおすすめです。
マンションでは10~15年単位で大規模修繕をおこなうため、あらかじめ所有者から修繕積立金を徴収しています。
しかし、社会情勢などにより修繕積立金が不足し、満足な修繕がおこなわれないことがあるのです。
十分な修繕がおこなわれていないマンションは資産価値が下がり、不動産売却の際に安価で取引されてしまいます。
そのようなリスクを回避するためにも、大規模修繕の前は売却の良いタイミングになるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

投資用物件を不動産売却する流れとは

投資用物件を売却する手順と流れは以下のとおりです。

  • 建物図面や登記簿謄本などの必要な書類、資料を揃える
  • 不動産売却に知識や経験のある不動産会社に依頼する
  • 購入希望者を探してくれる媒介契約を結ぶ
  • 不動産会社が宣伝や購入希望者を探すための売却活動をする
  • 売買契約後、決済や引き渡し

不動産売却では、流れの把握や準備も大変なため、多くの方が不動産会社に依頼をしています。
媒介契約を結ぶと、不動産会社は宣伝や内覧対応、必要書類の準備など一連のサポートをします。
また、投資用物件は売却できるまで3~6か月ほど時間が必要なため、早めの計画を立てるのが良いでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

投資用物件は、良い条件で売却するためにはタイミングの見極めが重要とわかりました。
とくに、売却したいのがマンションなら大規模修繕がおこなわれる予定はチェックしておくと良いでしょう。
不動産売却には3~6か月ほど要するため、タイミングを逃さないよう早めの行動するのがおすすめです。
私たち「株式会社ウルハホーム」は地域のネットワークを駆使した不動産売却をおこなっております。
埼玉県川越市周辺で、「家を早く売りたい」「相続について相談したい」などのお悩みがあればお気軽にご相談ください。


川越市の不動産売却ならウルハホームにお任せ下さい!

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

049-299-6684

営業時間
10:00~19:00
定休日
火曜・水曜

打田 雄統の画像

打田 雄統

資格:宅地建物取引士・FP・損害保険募集人

お客様を笑顔にさせる接客を心がけております!

打田 雄統が書いた記事

関連記事

売却査定

お問い合わせ